化粧品で七難隠す!自分史上、最高に綺麗なお肌を手に入れよう!

化粧品の役割とは

女性

知っておきたい基礎化粧品の役割

基礎化粧品がどんな働きをしてくれるのかご存知ですか?基礎化粧品とは、クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、乳液・保湿クリームなどのことを指します。これらを正しく使うことで健康的なお肌へ調子を整えてくれますし、化粧品それぞれの役割を活かして、自身のお肌の状態に合わせて使い分ければ、スキンケアの効果を実感しやすいのです。自身に必要な化粧品のことを知っておいて損はありませんから、是非学んでおきましょう。
化粧品の使う順序は、クレンジング→洗顔料→化粧水→美容液→乳液・保湿クリームの5ステップです。クレンジングは、メイクを落としてくれたりお肌の古くなった角質を落としてくれるので、ざらついた表皮がすべすべになり栄養が届きやすい状態にしてくれます。洗顔料は、付着したホコリや皮脂汚れを落とし清潔な状態にしてくれますが、それと同時にお肌の油分・水分も落としているので、水分を与えてくれる化粧水は必ず行いましょう。また、化粧水だけでは補えない栄養分や油分は、美容液や乳液・保湿クリームを上手に使いましょう。そうすることで、お肌の老化を防いでくれますし、他の化粧品の効果をより引き出してくれる働きを持っています。必ずこの5ステップを行わないというわけではありません。普段メイクしない方が毎日クレンジングを行うと、必要以上に角質を落としてしまい、お肌のターンオーバーが乱れて、トラブルを招いてしまう可能性もあります。また、美容液はお肌の栄養ドリンクのようなものなので、毎日使い続ける必要はありません。トラブル時だけに使うのもOKですから、自身の生活スタイルやその時々の状態に合わせて使い分けると良いかと思います。